スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臘梅和梅花不過也只是一場陌路

2009年07月23日 23:32

  李時珍《本草綱目》載:“臘梅,釋名黃梅花,此物非梅類,因其與梅同時,香又相近,色似蜜蠟,故得此名。花辛溫,無毒,解暑生津。”清初《花鏡》載:“臘梅俗稱臘梅,一名黃梅,本非梅類,因其與梅同放,其香又近似,色似蜜蠟,且臘月開放,故有其名。”
  臘梅:真核域 植物界 被子植物門 雙子葉植物綱(木蘭綱) 木蘭亞綱 樟目 臘梅科 臘梅屬
  梅花:真核域 植物界 被子植物門 雙子葉植物門(木蘭綱) 薔薇亞綱 薔薇目 薔薇科 梅亞科 李屬 
  蘆薈:真核域 植物界 被子植物門 單子葉植物綱(百合綱) 百合亞綱 百合目 百合科 蘆薈屬
  龍舌蘭:真核域 植物界 被子植物門 單子葉植物綱(百合綱) 百合亞綱 百合目 龍舌蘭科 龍舌蘭屬
  仙人掌:真核域 植物界 被子植物門 雙子葉植物綱(木蘭綱) 石竹亞綱 石竹目 仙人掌科 仙人掌屬
  令箭荷花:真核域 植物界 被子植物門 雙子葉植物綱(木蘭綱) 石竹亞綱 石竹目 仙人掌科 令箭荷花屬 
  曇花:真核域 植物界 被子植物門 雙子葉植物綱(木蘭綱) 石竹亞綱 石竹目 仙人掌科 曇花屬(百度里曇花的介紹里,在科和屬中尚有“量天尺族”,曇花屬下另有“曇花種”的分類)

  有點暈,存檔走人……


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://btchenxiaofeng.blog92.fc2.com/tb.php/107-4b86adc9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。